フランクフルト行きのANAの機内サービスとドイツの入国審査

留学
スポンサーリンク

今回利用した飛行機

今回は羽田空港からフランクフルト国際空港までの飛行機を利用しました。

機内トラブルがあり搭乗開始時間が12:25でしたが、本来は10:50搭乗開始、11:20離陸、16:15到着の便です。

フライト所要時間は12時間20分。

以前カナダからドイツに行ったときは9時間くらいで行けたので、日本からヨーロッパは遠いんだなぁ(小並感)

ANAの機内サービス

機内サービスの話に移る前に、離陸前の安全に関するビデオについてちょっと書きたい!

新しくなってて、おもしろかった!さすが天下のANA様でございます。

百聞は一見にしかず!まあ見てくださいこちらを!

機内安全ビデオを刷新!日本の伝統芸能「歌舞伎」とANAがコラボレーション!|What's up? ANA|ANAグループ公式の最新ニュース
【ANAグループ公式の最新ニュース】What's up? ANA|飛行機にご搭乗の際、必ずご覧いただく「機内安全ビデオ」。ANAでは、この内容を全面リニューアルし、2018年12月1日より国内線で、2019年1月1日より国際線で上映を開始します。

Youtubeにも個人の方が撮ったビデオがありました。

本題の機内サービスですが、まずおつまみ

からのディナー

からのデザートハーゲンダッツバニラ!(写真撮り忘れた)

からの軽食のパン(写真撮り忘れた)

からの朝ごはん

夜ご飯と朝ごはんのメニューはこちら

12時間20分乗るだけあって、てんこ盛りでした。

今回はラッキーなことにわたくし、4人座席に1人という素晴らしい環境でございましたので、初めて飛行機の中で横になって寝ました。うほうほ。

ドイツの入国審査

以前カナダからドイツに行ったときは入国審査で拒否されそうになって人生で一番焦ったことをブログに書いたこともありましたが。

参照記事↓

今回は、なんと何も質問されませんでした!!!

ただ、パスポート出してスタンプを押してもらって終了。

何故だろうと考察した結果、日本からの飛行機だったので英語すら話せない(というイメージを持つ)日本人大量に対して一人一人いちいち聞いてイライラするのを回避するために、誰にもなーんにも聞かなかったのかな?と推測。

まあでも日本人だったら信頼があるし、ビザなしで入国できるし、とにかく日本人だから大丈夫と思われているんだ!とプラスに考えておきましょう。

日本からの直行便の飛行機に乗る予定であれば、ドイツの入国審査はそんなに心配しなくてもいいのかもしれません。

ただし、中東経由の飛行機に乗る方は要注意です。

過去に知り合いで中東経由でドイツに入った方が、強制送還一歩手前だったという話を聞きました。

中東経由の飛行機は安い代わりに入国審査で拒否されるかもしれないということを念頭において航空券を購入することをオススメします。

だかしばし待て、日本からの飛行機だからといって油断は禁物。

なんと出口で捕まってる日本人男性を発見。

出口というのは、関税のところです。

何故か関税のところのドイツ人に旅の目的は?とか滞在期間は?とかを聞かれていました。

なんでここで??

今でも不思議です。

しかも英語がわからないみたいで、キレられていました。なんで??

入国審査通ったのになんで??

私は違うドイツ人の関税のところを通過しましたが、何も聞かれずGoと言われました。

人によって違うのかな??

とにかく、入国審査で絶対何も聞かれないということはないので、油断は大敵です。

皆さんが入国するときは何も聞かれず問題なく通過できることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました