エアカナダでバンクーバーから日本へ帰ってみた!

留学

バンクーバー留学から一時帰国をした際に、エアカナダを利用しましたので、機内食などの感想を残したいと思います。

日本からバンクーバーをへのエアカナダ体験はこちら↓

タイムスリップ体験記(2)〜エアカナダの感想〜
私にとってバンクーバーの留学は初めての海外訪問でした。生まれてから一度も日本から出たことのない私にとってバンクーバー留学は大きな決断だったのです。そんな私の日本出国からカナダ入国までをご紹介。1)日本出国2)エアカナダの飛行機3)...
スポンサーリンク

機内の雰囲気

日本からバンクーバーに来たときは割とカナダ人が多い印象を受けましたが、今回はカナダの飛行機なのに日本人ばっかりでした。

客室乗務員も日本人多く、これはANAかと問いたくなった( ˙-˙ )

そして乗っていて気がつきました。
なんとエアカナダとANAの共同運航の飛行機でした。
なるほど。

カナダ人の客室乗務員は2人しか見ませんでした。
行きとは逆の比率…

 

機内サービス

はじめに、飛行機内では希望者に新聞が配られました。
エコノミーなのにこういうのがあるんだ…
初めての体験でした。
新聞は日本語もあり。
でも数に限りがあるみたいなので、前の方の席に座った方が良いです。

そして、1番驚いたのは安全上の注意の動画に日本語字幕ありΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

今まで日本からバンクーバーへのエアカナダと、ドイツ旅行したときのエアカナダは英語フランス語音声英語フランス語字幕だったので、めちゃくちゃ驚きました。

(ドイツ旅行時のエアカナダの記事はこちら↓

バンクーバーからフランクフルトへ【ドイツ旅行記2】
エアカナダを利用して、バンクーバー留学中にドイツに行ってきました! ドイツは日本から行くとなると飛行機で約12時間ほどかかります。 しかしバンクーバーからなら9時間ほどで行けてしまいます。 ヨーロッパに行くなら、カナダ留学中に行っ...
フランクフルト空港からバンクーバー空港へ行くときの注意【ドイツ旅行記16】
バンクーバー留学中にドイツに行ってきました! ドイツは日本から行くとなると飛行機で約12時間ほどかかります。 しかしバンクーバーからなら9時間ほどで行けてしまいます。 ヨーロッパに行くなら、カナダ留学中に行った方が安いし近い! ...

 

機内食

1回目はチキンのポテト添えかビーフのご飯添えで、チキンを選びました。

客室乗務員さんがご飯添えってナチュラルに言ってましたが、ちょっと違和感のある日本語…
“ご飯添えってwwww”と内心ばかにしていましたが、ビーフ方は牛丼だった…。
おいしそう。よいかほり。

写真左下のは人参とジャガイモのコールスローみたいな感じでした。
まずくはないけど美味しいわけでもない…(^^;

 

2回目はビーフかチキンでとちらもご飯添えでしたが、チキンを選択。
もうご飯添えには突っ込まない。

ちなみにビーフはビーフストロガノフにご飯でした。
やはり隣の芝生は青い。

エアカナダの機内食しか食べたことがないので比較しようがないのですが、普通に美味しいです。
絶品というわけでもないけどまずくて食べれないこともない。

普通においしい以上でも以下でもなし。

 

ドリンクサービスで驚いたこと

ドリンクサービスは結構頻繁にありますが、驚いたことがありました。

それはカナダ人の客室乗務員の人にtea with milkちょうだいと言ったとき。
目の前にものすっごい白い液体を差し出され、固まる( ˙-˙ )

なにこれ( ˙-˙ )

5秒くらいわたしの周りの時間が止まりました。

さすがに私が固まってるのを見て客室乗務員のお兄さんが悟ってくれて、グリーンティーにミルク入れたけど、これでいいよね?と聞かれ(^^;

そういえばカナダの人は紅茶感覚でグリーンティーに砂糖とミルクを入れるのを忘れとった(^^;

そーりー、私が頼んだのはイングリッシュティー!

文化の違いっておもしろい笑

皆さんもお気をつけてください笑

それにしても、白かった…

 

機内での過ごし方

ずっと映画を見てました!

私が日本からバンクーバーに来たときは日本の映画が全然なかったのですが、今回は結構ありました!

“バクマン。”と、”母と暮せば”と、”3月のライオン”と”先生と迷い猫”というのを見ましたが、最後のあんまりおもしろくなかった笑

あと母と暮せばを2本目に見るのは間違っていました…

というのも2本目の映画を見ている時間は離陸から約3時間から5時間後でちょうど機内が暗転している時間です。
で、母と暮せばってもはやホラー映画じゃないですか笑
だからもうぞっとしましたよ。
“母さん、母さんはもう僕の世界に来てるんだよ”というセリフでもうΣ( ̄。 ̄ノ)ノこんな感じ。
まっくらな飛行機の中で鳥肌たった…

まっくらさを利用して2本目、3本目の映画は泣ける系がいいと思います。

3本目の3月のライオンで、もう思いっきり泣きました。
思いっきり泣いてても誰にも見られない!
デトックス!

まとめ

エアカナダとはいえ合同でやってる飛行機だったのでサービス内容はANAみたいなものでした。

エアカナダはカナダの会社なので、日本の空港会社のお客様は神様的なスタイル(?)とは違い、お客さんと客室乗務員さんの距離が近い気がします。

特に私の場合は若い上にさらに幼く見えがちなので日本の会社だと、”こんな年端もいかない子供に敬語使うのなんか違和感”という気まずい空気を出されてしまう反面、カナダの会社ではまるで子供としゃべるときのように扱ってくれるので、楽です笑

この後再びカナダに戻った際にはANAを利用したので、そちらも記事にします(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました