シェイクスピア映画を英語で見るときの注意

留学
スポンサーリンク

知らない単語がいっぱい出てくる…

先日、現代版ロミオとジュリエットの映画をホストファミリーの家で見る機会があったのですが…
最初は英語音声字幕なしでした。

見始めてからホストファザーが”現代版なのに役者はシェイクスピアみたいに話すんだね”と言っていて最初はその意味がわかってませんでした。

私がわかっていたことはただ一つ、知らない単語が多すぎて内容についていけない( ˙-˙ )

 

字幕がないと分からん

さすがにちょっとついていけないので苦悶の表情を浮かべながら音声を聞いていたところ、ホストシスター(という呼び方は正しいのか?)が何かを察して英語字幕をつけてくれました(^^;

そこでわかったことが3つ。

シェイクスピア英語は文法が違う?

一つ目が文法が今の英語とちょっと違うときがある、ということ。

スターウォーズを英語で見たことある方ならわかると思いますが、ヨーダってめちゃめちゃな文法で英語を話すので有名なんですよね。
なんか語順が違うというか。
例えばI will doと言うところでwill do I と言ったり。

ロミオとジュリエットの中のキャラクターはときどき、このヨーダみたいな感じに話すんですよ。

あとこれ以外にも文法で今の英語と違う点があったりして、字幕があっても苦悶の表情を浮かべてしまう…

 

“Love thee”………知らない単語が…

二つ目に分かったのは古い単語がたくさん使われていること。

特に多かったのはtheeとかthouとかthy。

分からなくても映画についていけないことはありませんでしたが、指輪の裏側に”Love thee”と彫られてるのが映るシーンが何度かあり、その度になんだこれ感。

映画が終わったあとにホストシスターにあれは何?と聞いたらtheeは主格のyouと同じ意味でthouがyourと同じ意味で、thyが目的格のyouと同じ意味、ということでした。

納得!
だからつまりLove theeはLove youってことなのか!

全てに納得がいきました。

これを知った上でもう一回見たらおもしろいんだろうな…

 

“He is still handsome”

わかったことの最後は、ディカプリオイケメン笑

昔の作品でまだディカプリオは若いので、ホストファミリーは口々にHe is still handsome とコメント笑
Stillって笑
ホストシスター曰く、今の彼は歳を取りすぎた、とのこと笑

ディカプリオがかっこいいという世間の声に納得していなかった私ですが、確かに若い頃の彼はめちゃくちゃイケメンでした笑

 

最後に…

現代版ロミオとジュリエットは時代背景は現代なものの使われているセリフは昔の英語のままなので、英語学習者でも難しい作品でした。

最低限字幕をつけるのと、解説してくれるシェイクスピア英語に詳しい人と一緒に見ることをおすすめします。

今回はホストシスターがちょくちょく解説をしてくれたので、楽しく見ることができました!
古い英語を楽しく学べる機会でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました