ライン川を楽しみながらリンブルグからケルンまでゆったり電車移動【ドイツ旅行記11】

旅行

バンクーバー留学中にドイツに行ってきました!

ドイツは日本から行くとなると飛行機で約12時間ほどかかります。
しかしバンクーバーからなら9時間ほどで行けてしまいます。
ヨーロッパに行くなら、カナダ留学中に行った方が安いし近い!

 

そんなわけで、もしバンクーバー留学中にドイツに行く人がいれば参考になるように分かりにくいところなど体験をレポートしていきます^ ^

 

【前回までのあらすじ】

ドイツ人が一度は訪れたいドイツの街、リンブルグに訪れメルヘンチックな木造りの街並みを楽しんだ筆者。

今度は大都市ケルンに向かいます。

 

【本編はここから】

リンブルグからケルンまでは電車でREとICを乗り継いで行きました!

まずリンブルグからコブレンツまでREに乗ります。

コブレンツはライン川沿いの町で、ライン川下りで訪れる人も多いのでは?

私は今回乗り継ぎだけでコブレンツを観光する時間はありませんでした…

コブレンツではドイツの貨物車に遭遇。

日本の貨物車って普通車に比べてなぜかうるさいですよね。
日本と同じで貨物車は通り過ぎるときめちゃうるさかった( ˙-˙ )

貨物車には大量の落書きがありました(^^;

車窓から見て結構前から思っていましたが、ドイツは落書きが多い印象があります。
しかも一個一個よくできてる!

例えばこんなの↓

そういえばリンブルグでかの有名なキャラクター、カオナシの落書きがありました。

 

コブレンツからケルンまではICに乗りました。

電車に乗るとムワッと蒸し暑い…
なにこれ…地獄…
暖房でも入っているんじゃないかという暑さでした。

そんな蒸し暑い電車で体が火照ってきて、さらに時差ボケもあり、気がついたら寝てた(^^;

外国に旅行中の電車で寝るとか自殺行為ですが、幸運なことになにもありませんでした。
ほっ。

ちなみに、コブレンツからケルンまでの電車でライン川が見たいなら進行方向右側の席に乗るとよく見えましたよ〜

 

次回に続く…………

コメント

タイトルとURLをコピーしました