バンクーバー留学〜2ヶ月でどれだけ英語を使えるようになるのか〜

留学してから2ヶ月の経ったときに書いたメモがあったので、それを参考にしながら留学して2ヶ月でどのくらい英語が成長したかを記事にします。

スポンサーリンク

留学前の英語レベル

まず、カナダに来る前の私のレベルは英語は受験科目としてしか勉強をしたことがなく、外国人と話す機会はほとんどなかった状態です。
文法はできるが話せない、日本人の典型的なパターンでした。

高校のときにいわゆるネイティヴの英語の先生はいましたが、その先生とはほぼ会話をしていません。
自分から話せばきっと会話をしてくれたと思いますが、そんな勇気がある訳ありません。
日本人でさえ自分から話しかけられないのに外国人に話しかけられる訳がない…
一方的に何か言われているのを聞くだけでした。

なので、リスニングの力は少なからずありましたが、スピーキングの力は皆無でした。

ライティングとリーディングは得意でした。
高校が英語に力を入れている学校で、で3週間に一回はフリーライティング、1学期に一つは英語でエッセイを書かされていたので、特にライティングについては慣れていました。

 

2ヶ月後

そして先日2ヶ月が経ちました。

まず飛躍的に伸びたのはスピーキングです。
日常会話ではほとんど苦労しません。
簡単なことであればスラスラ英文が出るようになりました。
しかし相手に伝わらないことは多いです 。
スラスラ英文が出るからといって話せるわけではありません。
発音等に難あり。

ホームステイ先での家族の表現や語学学校で習う言い回しは日常会話で使うものばかりなので、そういう表現をどんどん使うことで話すことに慣れることができます。

リーディングもかなり伸びました。
身の回りのものや取扱説明書などは当たり前ですが英文なので、英文を読むことが苦でなくなりました。

ライティングやリスニングの伸びはかなりゆっくりに感じます。
もともと私はこの二つに関しては苦手ではなかったのであまり伸びは感じられていません。
また、リスニングに関しては相手が早口だとまだ聞きとれないことがあります。
幸運なことにカナダ人は優しくて聞き返せばゆっくり話してくれるので助かっています。

 

最初の2ヶ月に私が特別にしていたことは特にありません。
新しい環境に慣れるので精一杯で、あまり語学学校プラスαのことはできませんでした。

 

英語のシャワーを浴びるということに関しては、やはり留学は手っ取り早いです。
留学前の私は外国人と話す勇気すらなかったので、外国人と話すことに抵抗がなくなったのは大きな収穫です。

留学して本当に良かったと思っています。

言語は使わなければ身につかないので留学というのはいい方法だと感じます。

人間なので…

正直なところ中だるみの時期であることは否定できません。
最初の1ヶ月半くらいはものすごい意欲を持って英語の勉強をしていましたが、2ヶ月くらい経つとあんなに日本語に触れない決心をしたのに日本語の本を読んでしまいます。

私は本を読むのが好きなので本のない生活は考えられません。
しかし英語の本は正直あまり面白くありません。
笑い所が分かりません。
あんなに小さい頃の私を夢中にさせたハリーポッターも、英語で読むと全然面白くありません。

結果日本語の本を読んでいる自分がいます。
英語の勉強をしにわざわざバンクーバーに来たんだから、と頭では分かっていても日本語を読んでしまいます。

 

慢心せずにこれからも頑張っていきます…

カナダ留学改訂第5版 成功する留学 (地球の歩き方) [ 地球の歩き方編集室 ]

created by Rinker
¥1,760 (2020/01/28 11:30:03時点 楽天市場調べ-詳細)

B16 地球の歩き方 カナダ 2017〜2018 [ 地球の歩き方編集室 ]

created by Rinker
¥1,870 (2020/01/28 12:51:36時点 楽天市場調べ-詳細)

B17 地球の歩き方 カナダ西部 2018〜2019 [ 地球の歩き方編集室 ]

created by Rinker

コメント

タイトルとURLをコピーしました