【人体実験】敏感肌がドイツの硬水で洗顔した結果

留学

前回ドイツでのスキンケア方法について記事にしました。

参考記事↓

ドイツでのスキンケア方法と化粧水の買い方【Bio・オーガニック商品のみ】
ドイツに留学すると決めたときに最初に調べたことは、語学学校でも滞在方法でもビザの取り方でもなく、スキンケアの方法でした。私の話少し私の肌の話をすると、中学生の頃までは誰もが羨むもちもち、むちむち、つやつやほっぺでよく年上の...

ドイツに来てからの約1ヶ月半は1度も洗顔していませんでした。

でもさすがに肌がゴワゴワしてきたのでピーリング的なことしたいなーと考えていたところこんなものを発見

Bioだしピーリングしたいし洗顔したいからとりあえずやってみよう!と悪魔に魂を売りました。

3種類の使い方があり、

①クレンジング
毎日朝晩に顔に塗り、ぬるま湯で落とす
②ピーリング
毎日顔に塗りマッサージしてぬるま湯で落とす
③パック
週に数回、パックとして顔に塗り、3から5分置いてぬるま湯で落とす

このうち③をやってみました。

とりあえずやり方に従って肌にのせてみる。

中に入っているつぶつぶが痛いのでうまく伸ばせません。

そして1分半経過。

なんだかスースーしてきました。

スースー?ヒリヒリ?あれ痛いかも?いやかなり痛い

本当は3分から5分そのまま置いておくといいらしいのですが、我慢できず洗い流し開始。

洗い流してみると、なんというか肌の感覚がありません。

なんと乾燥しすぎて肌を触っている感覚がないのです!

これはまずい!

急いでいつものスキンケアをしてみますが、肌の表面と内部の組織の間に空間がある感覚です。

大至急乳液とオイルを取り出してきてつけてみますが、やはり表面は潤ったけど中がまだすかすかな感じ。

最終手段としてハンドクリームを顔に塗ると、ようやく中まで浸透してきました。

焦った~

これ毎日やってたら肌が死んでしまう、、、

スキンケア後は特にトラブルにならず、一安心。

しかもスキンケアを終えてふと顔がトーンアップした気がしました。

角栓とかは明らかにすっきりしています。

これ、もしかして1ヶ月に一回くらいの頻度だったらいいかも!

ということで、それ以来だんだん頻度を上げて、今では2週間に1度はやるようになりました。

洗顔するときはすごく痛いし乾燥するのですが、そのあと一通りの贅沢なスキンケアをすると肌の状態が凄くいいです。

綺麗になるには痛みが必要なのかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました