語学学校でのスピーキングテストを攻略

留学

ドイツに来て初めて、語学学校でのテストがあったときの記録を残しておきます。

スポンサーリンク

テストの内容

私の学校ではリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、文法問題とすべての分野のテストがありました。

文法問題、リスニング、リーディングは勉強していればどうにかなりますが、ライティングとスピーキングはなかなか難しい…。

しかもスピーキングテストは先生が適当に振った話題に対して2、3分話すという超過酷仕様。

しかし!

攻略法をあみだしてしまいましたよ!

スピーキングテスト攻略

その名も「先手必勝」

つまり、スピーキングテストの話題を振られる前にこちらから話しかけるのです。

今まで使った先手としては

(教室に入ってすぐ自分から)How are you? (Wie geht’s?)

とかいうありきたりのものから

I’m so nervous now. (Jetzt bin ich angespannt)

I have headache because of this speaking test. (Ich habe Kopfschmerzen…)

とか今の自分の状態を言うものなど。

型にはまっていない先生の場合はこういうちょっとした言葉を拾ってくれて、そこから話が広がり、こちらが場を支配することができます。

ただの世間話ですが、こういう世間話をしておいていきなり日本の宗教についてどう思うとか聞いてくることは普通ないと思うので(笑)自分の全くわからない内容を振られることがなくなりました。

実際あった流れとしては、

先生:Hallo!
私 :うわーめっちゃ緊張するわ~

先生:なんで緊張するの笑笑
私 :いやースピーキングってなかなか難しいよね~緊張して頭痛いわ~

先生:いつも頭痛のときどうしてるの?笑
私 :まず薬を飲んで~
先生:薬で抑えるのは良くないよ!kindkindkind!自然治癒力をなめちゃいかん
私 :それはそうなんだけど薬はすごいで。すぐ治る。あとは早く布団に入って寝る!そしたら翌日には良くなってる!
先生:残念だけどまだ午後の授業が残ってるからその方法は取らせてあげられないわ。ごめんて。
私 :スピーキングテスト終わったら治るから大丈夫。ありがとう笑
先生:日本人ってなんでも薬で治そうとするイメージがあるけど、そこんとこ実際どうなの?
私 :うーん。人によるかな。私は頭痛と腹痛以外は生姜のお茶飲んで体に優しい食べ物食べておとなしく寝るって方法をとるよ。頭痛と腹痛は薬が1番だね~
先生:ドイツの民間療法は知ってる??
私 :知ってる!ハーブティーね!私もこの間風邪引いたときハーブティー一日中飲んでた!
先生:どうだった?効果あった??
私 :あった!喉痛いのも熱っぽいのも1日で治って効果に驚いた!
先生:あなた充分話せてるわよ。自信持ちなさい。これでスピーキングテスト終わり!

スピーキングテストは結局、勉強している言語でコミュニケーションが取れるかどうかを見ていて会話の内容は結果にそんなに関係がない場合が多いです。話せれば良い。こんなおちゃらけてていいんです。

大丈夫。コミュニケーションを続ける事に価値がある。

これは語学学校初日のスピーキングテストにどう対応するか、という事にも生かせるかと思います。

参考

語学学校初日のスピーキングテストの記事↓

語学学校の初日クラス分けテストで聞かれること(英語例文付き)
留学して語学学校に行くとき、大体の学校は初日にクラス分けテストがあります。内容としては、どこの学校でも文法テストとインタビュー(speaking test)は必ずと言っていいほどあります。これにプラスでwritingのテストやlist...

コメント

タイトルとURLをコピーしました