ドイツ留学中AldiのSIMカードの本人確認テレビ電話で聞かれること

ドイツでSIMカードを得たかったので、Aldi TalkのSIMカードを購入することに決めました。

購入手順はネット上にたくさんありましたが、肝心のビデオチャットについて詳しく書かれている記事が少なかったので、どのようなやりとりがあるのかご紹介。

(Aldi TalkのSIMカードの購入方法についてはこちらを参考にしました↓

必見!ドイツで一番お得なプリペイドSIMカードはこれだ!2GB 7.99ユーロ ALDI TALK① | Let's do it! 英語も留学も海外就職も
安かろう悪かろうだと結局使い勝手が悪くて、長く使う分には結果不便になることがよくありますよね。 ベストは安くてサービスがいいもの! 私はドイツに来て3日目にo2のプリペイドsimカードを入手して使っています。 最初は何が・・・

スポンサーリンク

恐怖のビデオ通話

Aldi Talkでは本人確認のためにビデオ通話をする必要があります。

このビデオ通話がドイツ語学習者やドイツ旅行者の鬼門なのではないでしょうか。

わたしも語学学校に通いはじめて1ヶ月経った頃にビデオ通話の洗礼を受けました。

ビデオ通話が始まると、おばあちゃんが出ました。

テレビ電話やSkypeの感覚です。

おばあちゃんが映るや否や、ばーっと弾丸のように話したあとSprechen Sie Deutsch?(ドイツ語話せる?)と聞かれました。

Nein, English please と言うと、私の担当じゃないから切るねー。もう一回かけ直してね~。ちゅーす(^^)と言われて一方的に切られました笑笑

ほんの数秒の出来事。

一瞬何が起こったか分からなかったのですが、どうやら彼女は英語担当ではなかったらしく、英語が話したいのであればかけ直してね~ということでした。

さすがドイツ。自分の仕事以外は手を出さない国ドイツ。

ご丁寧にビデオ通話が終わった直後メールが届きました。

Ihre Identifizierung wurde leider vorzeitig abgebrochen.

Zur Durchführung der Video-Identifizierung werden Sie live mit einem Mitarbeiter verbunden. Bitte haben Sie einen Augenblick Geduld, bis sich dieser mit Ihnen verbindet. Sie werden von einem Mitarbeiter durch die Identifizierung geleitet. Bitte halten Sie ein gültiges Ausweisdokument bereit.

Sie können die Video-Identifizierung erneut starten:

あなたの身分証明書は残念ながら時期尚早にキャンセルされました。

ビデオ識別を実行するには、従業員とライブでつながります。それがあなたとつながるまで、しばらく辛抱してください。あなたは身分証明を通して従業員に案内されます。有効な身分証明書をご用意ください。

動画の識別を再開できます。

(by Google翻訳)

気を取り直して再チャレンジ。

もう一度アプリを開くと、PUK2の番号を入力しただけで、あとは先ほど入力した情報が引き継がれていました。

でも言語選択がどこにもない。

わたしはアプリを使って登録したのでそれが原因かもしれません。

ビデオ通話はドイツ語以外でもできるというのを見たのですが、もしかしたらアプリでアクティベートするときは言語選択できないのかも…。

2回目のビデオ通話では若いお姉さんが出ました。これは英語喋ってくれるかも!と思ってSprechen Sie English bitte?と言うとNeinと強めに言われました。

まじかよ。

でもお姉さんはそこで通話を切らずにゆっくりめでドイツ語を話してくれました。

まず、パスポートの表紙を見せてと言われます。

終始ドイツ語なのでパスポートの表紙を見せろと言われてもパスポートの中の写真のあるページを見せ続ける私。表紙なんてドイツ語まだ知りません。

見かねたお姉さんが自分のパスポートを取り出して表紙を指差しながら何か喋っています。

あー表紙ね!了解了解。

表紙を見せます。

次にパスポートをペラペラしてページめくって、と身ぶりを交えながら言われたので適当にペラペラしてみる。

そして写真のあるページの写真を手で隠してみてと身ぶりを交えながら言われたので、モザイク処理のように写真を指で隠してみる。

そして「Eastern sagen ………  ……Geburtstag ……」といわれて、誕生日を言えと言われていることはなんとか聞き取れたので自分の誕生日を言い、「……Gebu …datum……」と言われて多分パスポートの有効期限かなと思ってその日付を言うと見事正解。

「…………passport Nummer ……」と言われたので、パスポートの番号を答えると、弾丸のようになんか色々言われて笑顔でDankeschön と言われて切られました。

終わったあと5分くらい放心状態。英語でできるものだとすっかり思い込んでいたのにまさかのドイツ語で、よく自分やりきったな、いやまじで。

よく聞き取れたなと思うし、よく自分の誕生日とかパスポートの番号とか詰まりながらもドイツ語で言えたなぁ。人間追い込まれるとすごい力を発揮しますね…。

火事場の馬鹿力。

自分もよく頑張ったけれど、相手のお姉さんもよくイライラしないで丁寧に対応してくれて、最後は笑顔も見せてくれるなんて。あんたすごいよ。私が逆の立場だったらブチ切れてるよ。こんなにドイツ語ができない外国人に終始親切にしてくれたお姉さんには感謝しかありません。あなたがオペレーターで本当に良かった。ここで言っても伝わらないけれど。

ビデオ通話が終わればこっちのもの。

1時間ほどして確認できましたメールが届き、あとはマイページで設定して無事ドイツでの電話開通。

まとめ

このビデオ通話はテロ対策として2017年の秋以降に始まったもののようです。

とてもストレスのかかる作業ですが、やるは一時の恥、やらぬは一生の恥です。

優しいオペレーターさんに当たらないかも知れないけれど、一度やってしまえば携帯繋がり放題。

このブログの記事が少しでも読者の皆様の役に立ちますように……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました