ドイツ・ハイデルベルクの税関( Zollamt )への行き方

留学

日本から送ってもらった荷物がなぜか届かず、代わりに1通の封筒が私宛にきました。(しかも宛名の綴り間違ってた)

送った荷物に変なものは入れてないはずなんだけれど…。

届いた手紙の封筒を開けてみると、なんだか怖いことが書いてありました。


いわゆる税関からのお呼び出しです…。

この紙によると、私の荷物がなんらかの理由で税関に引っかかったので、カレンダー上の日付で14日以内に取りに来い、さもなくば日本に送り返すぞ、とのこと。

しかも保管に1日50セントかかり、引取りのときに€28.5払ってもらう可能性もあるよ、と足元を見るような内容が書いてあるではありませんか。

幸運だったのは、そこまで遠方に取りに行く必要がないということ。

ハイデルベルクの税関の住所は手紙にありましたが

Zollamt Heidelberg 

Dischingerstr. 8 im 2.OG Zimmer 206

69123 Heidelberg 

です。

中央駅からSバーンで一駅のところ。(駅から10分くらい歩きます。)

ちなみにあとで行ってみてわかったのですが、 im 2.OG Zimmer 206は2階の206の部屋、ということでした。

しかしこの強気な営業時間!

3時半までなんて普通に働いてたら取りいけないじゃん!

私も学校があってこの時間までに行くのは難しそうなので、朝行くことにしました。

スポンサーリンク

ハイデルベルクの税関の行き方

実際行くと、近くにこのような看板があります。

この看板の通りに進んで行くと、Zollamtと書かれた建物が見えてきます。


朝一番に行きましたが、すでに人がいて2番目でした。

建物の正面玄関から入り、2階(ちなみにドイツの2階は日本の3階)に階段で上がると206の部屋発見。

部屋の前には椅子が6個くらい並んでいました。

前の人について部屋の中に一緒に入ると、呼ぶまで外で待ってて!と怒られました。

仕方がないのでおとなしく外の椅子で待機。

部屋の中には1人しか入ってはいけないようでした(?)

ドイツの税関で聞かれたこと

部屋の中から次!weiter!と呼ばれて入り、はろー、と言ってみる。

Bitte!と言って送られてきた書類を渡すと、荷物を取りにいってくれます。

ちなみに送られてきた書類には自分の名前と住所を書くところがあるので、事前に書いておいて当日渡します。

当たり前ですが、全てドイツ語対応です。

英語でなんとかなるかなとか思ってたら大間違いでした。

荷物を目の前に出され、ドイツ語で「………Eltern……?」と言われ、多分両親から送られてきたの?的なことを聞かれたので「やー」と笑顔で答えてみる。

このときわたしは語学学校に通い始めて2週間目。よくEltern を聞き取れたな、と我ながら感動しました。

わたしの答えを聞くやいなや、何かドイツ語をまくしたてながらカッターの刃先をわたしに向けるドイツ人。

最初は何事かと思いましたが、自分でダンボールを開けろ、ということみたいでした。(ドイツではカッターとかはさみとかを人に渡すときに持ち手を相手側に向けるという教育はされてないのであろうか。)

こういうところで躊躇いを見せるのは良くない、と以前空港のセキュリティチェックで学んだので躊躇なくかつ中身を切らないように慎重にダンボールを開け放ってやりました。

(ちなみにセキュリティチェックに引っかかった例の逸話はこちら↓

中身を確認されて特に問題ないと判断されたようで、開けたダンボールはガムテープで締め直してくれました。

わたしがあまりにもドイツ語を理解していないのをやっと分かってくれたのか、英語で「このまま持って帰るの?結構この箱大きいけど?」と聞かれ、「他に選択肢はあるの?」と聞くと、「近くのドイツの郵便局に持っていけば郵送してくれるよ。どこにあるかは知らんけど。」と優しいのか冷たいのかわからないことを言われ、「このまま持って帰ることにするよ」というと、奥で事務作業をしていたおじさんに「まじかよ!大丈夫?本当に大丈夫?」とめちゃくちゃ心配されました。

心配してくれるなら近くの郵便局を教えてくれ。

事前に受け取っていた手紙では保管料払えとか税金払えとか書いてありましたが、結局一銭も払わずに済みました。

なんだか拍子抜けです。

大きな荷物はハイデルベルク中央駅のコインロッカーを活用

営業時間のせいで朝一に荷物を取りにいくしかなかったのですが、荷物が大きく、学校に持っていくのは恥ずかしくてやめました。

税関を出たあとは自力で最寄り駅までどでかいダンボールを持って歩き、電車で中央駅まで行き、中央駅のコインロッカーに一時避難させました。

ハイデルベルクの中央駅のコインロッカーの利用方法についてはこちらを参考にさせていただきました。↓

明日、晴れるといいな ハイデルベルクに行きましたよ(ロッカーでトラブル)

まとめ

今回の荷物はタオルとか生活用品しか入ってなかったのになぜか税関送り。

でもおもしろい経験ではありました。

楽しいものではないので、税関にはくれぐれもお気をつけあれ。(どう気をつければ引っかからないのかは分からない…。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました