海外でコインランドリーを使うときに気をつけるべき5つのこと

今までカナダ留学とドイツ留学を経験していますが、ドイツに留学して初めてコインランドリーを海外で利用しました。

カナダにいたときは基本的にホームステイファミリーの洗濯機を借りるかシェアハウスの共有の洗濯機を使うかだったので。

知り合いはビジネスでホームステイを受け入れている家庭で暮らしていたので、そこでの洗濯機はコインランドリーと同じ仕組みだったようですが。

スポンサーリンク

①初回は試しに失敗してもいいものを洗濯してみる

洗濯機の使い方やモードは国によって違うので、下手をすると洋服をダメにしてしまうことがあります。

初めて出会う洗濯機を使うときは、縮んだり傷んだりしてもいいタオルなどで1回使い方を確認したり色々なモードを試してみると良いでしょう。

1回分の洗濯代はもったいないかもしれませんが、私は好きな洋服がダメになることより1回分の洗濯代を払うことを選びます。

生活して行く上で洗濯機は生活必需品。

ただでさえストレスの多い留学生活を洗濯の心配で台無しにされるのは御免ですから。

②日本の洗濯機と同じ機能を期待してはいけない

日本の洗濯機、と一言で言っても私は実家にある洗濯機しか使ったことがないので単純に比較することはできませんが、少なくとも実家にある洗濯機は色々なものが洗えたし、色々な機能が付いていました。

一方で海外の洗濯機はモードの選択肢が少なめに感じます。

また経験値的に感じているのは、海外の洗濯機は日本の洗濯機より荒々しくて高温でぐつぐつ洗濯物を煮がち。そりゃ傷むわ。

おそらく海外の洗濯機の1番デリケートなモードが日本の普通のモードと同じと考えて良いでしょう。

私は常にデリケートモードを利用しています。

デリケートモードを使って洗い足りないと感じたことはありません。(過去に間違えて柔軟剤を入れるところに洗剤を入れてしまい、汚れが落ちなかった経験がありますがそれは私の責任。)

③普段の生活で計画的にコインを貯める

コインランドリーでは限られた硬貨しか使えない場合が多いです。

私の寮のコインランドリーでは洗濯機は€1€2¢50、乾燥機は€1しか受け付けてくれません。

そのため、買い物のたびに硬貨を集めると良いでしょう。私は常に€1€2¢50硬貨を集めています。

両替機などという便利なものは海外ではあまり見たことがないので必要な硬貨は自分で貯める必要があります。

洗濯したいときに使えるコインがなくて洗濯できないのは切なすぎます。

④洗濯が終わる瞬間に必ず立ち会う

今回これを1番言いたくてブログを書きました。

洗濯が終わる瞬間には絶対に立ち会ってください。もしくは難しいかもしれませんが、終わるまでそばを離れないでください。

コインランドリーでは、一度お金を入れると一定時間内であれば何度でも使える仕組みになっています。

そのためそれを悪用する輩がいました………。それは私が乾燥機を利用していたときのこと。

乾燥機だと終わる時間が正確に出なくて、最初に表示されるあと何分で終わりますの数字の通りに洗濯物を取りに行っても終わっていないことが多いのです。

そのため油断して30分の間隔をあけて様子を見にいっていたら、あるときなんと私の洗濯物が外に出されていて私が使っている乾燥機が稼働中ではありませぬか…。

やられた!と思いました。

つまり私が一度お金を入れているのでその乾燥機は一定時間無料で使える状態になっていて、私の洗濯物さえ出してしまえばお金を払わずに利用できるのです。

計4台乾燥機があるうち他の3台は空だったので混んでいたからしょうがないとかではなく、使用中だった乾燥機を狙って犯行に及んだ模様。

たった30分。たった30分目を離しただけでこれだから海外は恐ろしい。

不幸中の幸いだったのは私の洗濯物は布団カバーとタオルだけで、さらに床には置かれていなかったこと。

これ下着とかあったら最悪だったな。

洗濯機だけを利用する場合は終わる時間が正確にわかるのでタイマーをかけて、洗濯が終わる瞬間には洗濯機の前にいるようにしましょう。

乾燥機を利用する場合は終わる時間が正確に分からないので5分ごとくらいに様子を見にいくかその場から離れないのが良いでしょう。

⑤コインランドリーを使わないという選択肢もある

洗濯なんて洗濯機を使わなくたっていいんです。

手洗いで済むことでもあります。

頑張ってつらい思いをしながら洗濯機を利用するくらいなら手洗いするという選択肢があることだけでも伝えたいです。

まとめ

留学生活では何かと大変なことが多いですが、注意していれば防げることもあります。

その注意点をこのブログを通して伝えられたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました